So-net無料ブログ作成
検索選択

要介護認定結果通知書 [介護と日常]

ここに踏み込んだら抜き差しならなくなるぞという警告は、誰も感受しているのではないかと思う。
前回のエントリーはその類であった。案の定、浮上するつもりが逆にフリーズ状態を招いてしまっている。
やっぱり三好春樹の本は手つかずのままだ。まるで禁煙を決意して実行にいたる前のためらいのような感じだ。
そう言えば、「掘る」という作業は昔から避けていた。そこにはまると10年は這い上がれないのではないかという恐怖から様々な周縁に触れては遠ざかり、ようするにつまみ食いをしては今日に至っている。それを疾走と勘違いしていたときがあった。何10年にも及ぶ無駄な時間を消費してきたという自覚を持ったときは苦かった。

あまりの暑さで影も溶けそうになる。一昨日気分を変えてみようと久しぶりに散髪屋に行った。そこで発見されたのは後頭部の円形脱毛症。これで二度目だ。
どうやら、溜まっていた澱は歯茎から頭に抜けたのだと考えることにする。以前、大きな胃潰瘍に見舞われたときも最後は頭頂部の円形脱毛症三カ所でいったん終息した。しかし、自分がこんなにもストレスに対して耐性がないとは初めて知った。軟弱や暗さを気取る程度には自分の直接性を信じていたんだが・・・。

私の歯の治療は続いている。が、今度は妻が歯が痛いと言い始めた。見てみると残り少ない歯の一本がグラグラしている。盆休み前の最後の機会ということで今日一緒に歯医者に行った。検査の結果、残しておける歯がほとんど無いことが分かった。これから約二ヶ月をかけて駄目な歯は抜き、入れ歯を作り替えることとなった。ほとんど総入れ歯状態になるだろう。痛んだ歯を抜いた妻はそれなりに元気を取り戻した。

歯医者から帰ると区役所から要介護認定結果通知書というのが届いていた。再申請の時期が来て家に来たケアマネージャーの質問項目に対していろいろと難癖をつけながら(ほとんど性格判断とか占いレベルの質問としか思えなかった)、私はこの間妻がいかに立ち直りつつあるかとの希望的観測を述べた。本人の直接面接も行われ、予想としては認定度が下がると考えていた。
ところが届いた通知書には「要介護状態区分等・要介護4」と記され、新しい保険証が入っていた。制度を活用する上で利己的に考えると良かったという人はいるかもしれない。事実ヘルパーさんにはそう言われた。もうちょっと楽になりますよと。だが、気分は思いっきり萎えた。
まあ、いいや。社会の判定より我々の生活の幅ははるかに広くて深い(誰かさんの引用)。

週末から夏休みに入る。妻は昨年よりずいぶん元気だから今年は一緒に泳げるだろう。暦の上では夏は過ぎたが、照りつける陽光を追いかけてきます。


nice!(6)  コメント(39)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 39

honnoridesu

おはようございます。
miyataさん、身体も心もボロボロのような気がして心配です。
何度もこの記事を読んで、父が要介護3から5になってしまった時を思い出していました。
たった3ヶ月でのことでした。。。

私達家族は、それはやっぱり毎日が大変でしたが、そんなに父の状態が重いのかと…ショックでした。
当たり前の日常を送っていたと思っていたのですが、確かに父一人に母と娘二人が交代で付き添っていました。
ケアマネさんにその事を話した時、「(~ヘ~;)ウーン、やっぱり重いですよ。 常に誰かがついていないと言う状態だから…。 身体的な状態は寝たきりになったとしても介護5にならない事もあります。 だけど判断力、理解力に問題がある場合は重い判定になります。」
だんだんと重い判定は、家族の負担が大変だから、少しでも楽になったら良いのだと思うようになりました。

いつも自分の事ばかり話してごめんなさい。
もし、少しでもmiyataさんのお役に立てたら嬉しいです。
奥様もmiyataさんも、夏ばてしないでp(*^-^*)q がんばっ♪のnice!を置いていきます。
by honnoridesu (2006-08-11 06:42) 

Silvermac

青空の下で、思いっきり手足を伸ばして、泳いできて下さい。高知は、ただいま、よさこい祭りの真っ最中です。私も、いささかばて気味です。
by Silvermac (2006-08-11 07:58) 

左膳

はじめまして、拙者もこの4月から要介護認定が1~2に
上がり(下がり?)ました。
拙者の場合介護される当事者なのですが、85歳なる母親の世話に
なっております。miyataさんと同年齢の拙者と逆の立場で頑張って
られるの見て、せめて声援を送らせて貰います。
by 左膳 (2006-08-11 11:31) 

こんにちは。また読ませて戴きました。ペコリ(o_ _)o))
仕事をしている立場からの推測ですが、介護認定の変動はケアマネージャーさんの判断に委ねられるケースも存在します。特に認知症は認定の判断が難しいと言われています。ケアマネージャーさんの観察力が問われてくる時期も近いでしょう。
経験から1つ思う事があります。日常入っているヘルパーさんの意見や報告を聞かないケアマネージャーさんは信用しない方が得策です。
by (2006-08-11 12:12) 

タケノコ

質問項目自体は、行政が作ったものですからね。。ケアマネさんも質問していくの大変だと思います。難癖というか、あれこれ注釈したり、ケースバイケースの部分も一律の項目のなかにあてはめていかないといけないのですから。といいつつ、身障の方でも制度が変わったことで、初めて身障介護度の認定の聞き取りがあり、そこであれこれ難癖つける
予定^^うちは、現状維持でないと支障が大きいので、程度が高い方がいいです。。。。(実際はかなり厳しいそうですが)あくまで「サービス利用」という観点からだけですけどね。
ケアマネ次第ともいえますよね。それより何よりストレスによる身体不調、人事ではないだけに・・・10年、20年後の我が身と重ねてみたり。。
by タケノコ (2006-08-11 22:43) 

りえぽん

はじめまして。現役居宅ケアマネやっております。もし興味がありましたらこちらの資料を参考にされるといいと思います
http://www.pref.fukushima.jp/kaigo/database/ninteityousain/yokaigonintei.html
認定調査の概要がわかりますよ。ここをみれば一時調査の判定方法もわかります。在宅介護は大変だと思います。体調にはくれぐれも気をつけて・・・。
by りえぽん (2006-08-12 01:03) 

miyata

ほんのりさん、こんにちは。
ご心配いただきありがとうございます。要介護の認定が3から4に上がったのはちょっとショックでした。おもわずエッと声が出たくらいです。
このショックはなんなのでしょうね。人の判断に驚いたということかなあ。本人面接の時も隣の部屋から覗いていたら頑張ってると思ったんですが(苦笑)。
もしケアマネさんの好意がそこに存在していたとしたらその好意の反対側に失望を抱えた人が存在するはずなので、そうとは考えたくないのですが・・。
正当な判定だとしたら、妻の認知症は進行していることになります。それはちょっと怖い。
by miyata (2006-08-12 12:52) 

miyata

SilverMacさん、こんにちは。
高知ではよさこい祭なんですね。今のように有名になってから見たことありません。一度見てみたいと思っております。田舎で参加していた頃は、なんと退屈な祭なんだろうと思っておりましたが(笑)。私が踊っていた頃の踊りは正調として保存されているらしいと聞きました。
今夜、出発して明日にはきれいな海で楽しんできます。
by miyata (2006-08-12 12:56) 

miyata

左善さん、こんにちは。
初めまして。ようこそいらっしゃいました。左善さんのブログ、拝見させていただきました。まったく同年なんですね。ご心配いただきありがとうございます。
こちらからもまた伺います。これからもよろしくお願いします。お互いそれぞれの立場で元気出しましょう!
by miyata (2006-08-12 13:17) 

miyata

kuri_catさん、こんにちは。
有意義なアドバイス、ありがとうございます。
うちのケアマネさんは、わりといい人です。(と、思う)
いろいろなこと、親身になって相談に乗ってくれます。来ていただいているヘルパーさんも、それぞれいい人です。わが家は恵まれてるのかな。
by miyata (2006-08-12 13:28) 

miyata

タケノコさん、こんにちは。
いったい何が自分のストレスになっているんでしょうねえ。
それがまず大きな疑問です。やっぱり寝不足とかの身体的な問題なのかなあ。タケノコさんちの事情では認定が下るとほんとに困りますよね。
介護でも二酸化炭素の排出権のように、被介護者同士のやり取りができるといいのになあ。そうなれば、もしタケノコさんちが下がったら、うちが上がった分をタケノコさんちにまわせるのに。こういうのは許さないでしょうね。なぜなら与える権利だからですよ。そこが納得できないな。
by miyata (2006-08-12 13:40) 

miyata

りえぽんさん、こんにちは。
現役のケアマネさんが来ていただけるとは思っても見ませんでした。
ありがとうございます。
ご紹介いただいたHP簡単ですけど、ざっと見ました。
難癖といっても、言葉尻を捉えて文句を言ったというのではありません。
設問と答えは、いわば状況の切断と固定化です。答える方は連続です。
例えば自分でベッドから起きあがれるかという問いには、被介護者の状態が固定化されている場合には細分化された枠の中で答えられますが、そうでない場合は答える方はどちらでもないと答えるしかありません。どちらでもないという答えは問いを拒否しているのではなく、更なる問いを要求しているといってもよいでしょう。これはかなり比喩的な例えです。制度と、介護の現場との齟齬のひとつの例としてあると思います。制度の側にいる人間は、それでは際限のない無限ループに入ってしまうので、どこかで基準をはっきりしなければ制度そのものが成り立たないというでしょう。また更なる細分化でも事態は変わりません。難しいですね。最終的にはこういう問題は社会が認定とか認可とかあまり関与せずに、自主的な互助組織を前提無しに社会がバックアップするというのが一番良いような気もしますが、こういってしまうと、たちまち多くの批判が想定できてしまうわけで、まあ単なる理想論かもしれませんが。いずれにしてもケアマネさんは我々介護を抱えた家族の生殺与奪を握っておられるといっても過言ではないわけで、責任の重い大変なお仕事でしょうがこれからのご活躍を期待しております。
by miyata (2006-08-12 14:18) 

suzune-k

介護認定については実はまだまだ不平等な実態です。
市役所関係の家族の方がよく入院されてきます。
どうみても認知症だけというひとも、用紙をもらいに福祉に行く前に
役場の人間がもう実態調査にきます。
医師の用紙への記入がまだなのにですよ。
ポータブルトイレに行けてベットに戻ってこれるのに「5」でした。
この患者さんは市の施設に退院した日の午後に入れました。
こういう方多いですよ。子供は役場関係にいれれば、大体のことは
顔パスですね。個室も無理やり空けさせる。面会時間も無視。
公的機関にいるからこそ人としても立派でいて欲しいです。
病院って裏の嫌なところが出ますけど。
その実その通りですよ。入れない施設も入れるし。
嫌な世界だわ。
by suzune-k (2006-08-13 07:05) 

びあんこ

miyataさん、こんにちは。
トラのことでnice!ありがとうございました。
いまどんなに自分が幸せか気づけてよかったです。
奥様の介護、どうかストレスをためずに(といっても無理でしょうけど)続けてくださいね。
まだまだ暑さが続きそうです、どうぞご自愛くださいませ。
by びあんこ (2006-08-13 09:15) 

tomoko

お久しぶりです。
仙台も色々頭の抱える事ばかりで最近寝られなくて困っています。
貴女とは又違う事でストレスを抱えて・・・・
今の所姑は少し耳が遠いくらいで、元気に1人でくらしていますのでとても助かっています。
当事者で無い私には何も言えませんが、貴方が元気にしているとキット奥様も気持ちが良いと思いますので、くれぐれも元気で居られる様頑張ってね、(頑張っては禁句?)小さい子供が親の心の動きを敏感に感じ取るように、介護されるかたも何かを感じ取るそうです。
又聞きの知恵ですが・・・。
by tomoko (2006-08-13 17:30) 

シマリス

円形脱毛症。これで二度目だ・・・私の母も父が長期入院中は必ず出来たと言うことを思い出します。
そして今度は子供がこうなってしまって、一時私には内緒で母が精神科の診療を受けていたと最近話してくれました。
9月から私もベットと車いすが借りられなくなってしまいます(また別の意味でこれもがっかりです)
体調も良くならず、???どうしたら?と思うことも度々です。
本人も辛いのですが、家族も辛いですね。
元気を出しましょう!(また単純と言われそうですが)
まだ当分この暑さは続きそうです。どうぞお体に気を付けて。
by シマリス (2006-08-14 12:15) 

十分に利用できますか
主にヘルパーでしょうか
理学療法士や看護師による散歩は如何ですか
by (2006-08-14 20:25) 

練習菌

しまった、円形脱毛症を観察するのを忘れちゃったなあ。
(^_^;)\('_') ォィォィ...
by 練習菌 (2006-08-17 19:17) 

よめ

miyata様こんばんは。
円形脱毛症はストレスを解消するのが一番です。
色々と大変だとは思いますが、「何事も考え込まない」でリフレッシュしてくださ~い。お身体、大切にしてくださいね。
by よめ (2006-08-17 23:23) 

miyata

すず音さん、こんにちは。
そういう話を聞くと、ほんとにガッカリしますね。
だけどと思います。根っ子の心性は我々も同じものを持っていて、自分の身内に関してはどんな手段を使っても良い治療を受けさせたいと思ったり良い施設に入れたいと願ったりします。それはけっして悪いことだとは思わないけど、それが現実に実現できる側に属しているかそうでないかで決定されてしまうというのはやりきれませんね。
by miyata (2006-08-19 15:26) 

miyata

びあんこさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
トラちゃん(なれなれしい呼び方でごめんなさい。トラと呼び捨てにするのもなんだかなあと思いまして(^^ゞ)、帰ってきてほんとに良かったですね。
いなくなった時のびあんこさんの悲嘆が伝わり、心から帰ってきて欲しいと願っておりました。いや、紆余曲折を経てびあんこさんとやっと一緒に住むことになったトラちゃんがいなくなることはあり得ないとも思ってました。とにかく良かったです。
私へのお心遣いありがとうございます。まだまだ大丈夫です。
by miyata (2006-08-19 15:42) 

miyata

ともちゃん、こんにちは。
なんだか大変そうですね。心配です。
嫁さんは私がイライラすると駄目ですね。てきめんです。私が機嫌がよいと嫁さんも穏やかです。いや、もうほんとに以前のままですよ。仕切りたがるのも一緒だし(笑)。円形脱毛症なんか気にもしてないのでへっちゃらです。
by miyata (2006-08-19 15:50) 

miyata

シマリスさん、こんにちは。
ベッドと車椅子が借りられなくなるんですか・・。
どうしてこうなるんでしょうね。腹が立ちます。思いっきり。
私は気分が落ち込む事ができる程度のエネルギーは充満していますから、充分に元気です。シマリスさんこそ元気を無くさないでくださいね。
by miyata (2006-08-19 15:58) 

miyata

なかなかないさん、こんにちは。
まだ何も考えていませんが、嫁さんの体力強化を果たしたいとは常々考えます。今年は昨年より元気に夏を乗り越えられそうだし(安心してはいけませんけど)、取り組んでみたいこともあります。いろいろと工夫してやってみようと思います。
by miyata (2006-08-19 16:01) 

miyata

練習菌さん、こんにちは。
お疲れさまでした。お預かりしたものは確かに届けました。
お清めの塩など、別途送りましたので。
by miyata (2006-08-19 16:05) 

miyata

よめさん、こんにちは。
ご心配いただきありがとうございます。
そうですね、変に考え込まないで「あるがままに」ですね。
抜けたところに毛生え薬でも塗っておこうかな(^_^;
by miyata (2006-08-19 16:08) 

練習菌

清め塩etc届きました。
隠岐を舞台とした映画は「青の瞬間(とき)」でした。
21、22と京都に出没します。
by 練習菌 (2006-08-20 01:17) 

Silvermac

龍河洞は、4,5年前に訪れたときとは違って、歩きやすくなっていました。ただ、可成り長い登りがありますので、足がご不自由な方には辛いと思います。
by Silvermac (2006-08-21 17:01) 

まお

miyataさん、こんばんは。
ご心配かけてすみません! 姉同様の従姉妹が亡くなり、四国まで行ってました。取り急ぎお詫びとお礼に伺いました。雷がなって一度開いていたパソコンを閉めるなどしていて遅くなりました。m(_ _)m
by まお (2006-08-23 00:49) 

miyata

練習菌さん、こんにちは。
現れるのかなあと、待っていたのですが。
by miyata (2006-08-23 12:27) 

miyata

SilverMacさん、こんにちは。
龍河洞の情報ありがとうございます。
11月に妻と高知に行こうかなと思っておりました。聞いておいて良かったです。
ちっちゃな可愛い怪獣さん達が帰られた後、疲労回復はなりましたでしょうか。
by miyata (2006-08-23 12:30) 

miyata

マオさん、こんにちは。
いやあ、ホッとしました。でも、悲しいことがあったのですね。
実は私も、友人以上まさに同志のような知人が闘病の果てに亡くなり、またまた落ち込んでおりました。彼の入院のことは少しだけ自分のブログに書いておりました。
ところで、板東眞佐子さんのエッセイのこと、マオさんのところで初めて知り、これまた小さくないショックを受けました。
by miyata (2006-08-23 12:34) 

練習菌

地下鉄五条からKRPまでで疲れて、流石にKRPから五条坂までは
歩く元気が残ってませんでした。(^_^;)\('_') オイオイ、チョットマテ
あきんどで腹一杯に食っちゃったし〜 14皿食ったった。
by 練習菌 (2006-08-24 00:42) 

練習菌

ああっ!、円形***を確かめるチャンスだったのか〜〜
_| ̄|○
ガックシ ヾ(・・;)ォィォィ
by 練習菌 (2006-08-24 00:44) 

マオ

従姉妹のことはまだ書けませんが、くよくよしてはいけないと思うようにしています。
坂東さんのことは、例の功名が辻の件で、miyataさんに教えていただき、骨のある人物だなと好感を持っていたこともあり、なかなか落ち着けません。こういうポリシーもあろうとは思いますが、どうもそれが自己正当をされてるレベルに感じるものだから釈然としないんです。
すみません、他の方には何のことかわからない書き込みをして、不快な思いにおさせしたかもしれません。
by マオ (2006-08-24 11:28) 

miyata

マオさん、こんにちは。
私は友人から功名が辻の件で聞いた以外の板東眞佐子を知りません。いや、正確に言うと彼女が野田正彰と高知新聞紙上で対談したシリーズをFAXで送ってくれたのを読んだことがあるくらいです。(映画は寝不足で途中で寝てしまいました)そこで、マオさんのブログで引用された問題の記事を読みながらちょっと考えてみました。どうも、自己正当化とか理屈とか関係なく、確信犯ですね。何に対する確信犯かというと、私は彼女がどういう根拠を持っているのか理解できませんが、いまみんなが考えてる日本というのは日本じゃないぞということをおどろおどろしい子猫殺しというショッキングな礫で投げつけてきたという感じです。昔、「アスファルトを剥がせ、それが土着というものだ」とアジをぶった評論家がいました。無論時代背景は70年ですから、剥いだアスファルトは礫に変貌するわけですが。なぜかそんなことを思い出しました。私、一度だけ(小さな事は数限りなくありますが)目から鱗という経験を書物から得たことがあります。それは網野善彦という人の一連の著作を読んだときのことです。後代の若い社会学者が彼の歴史観は後のグローバリズムとか脱農業政策を補完したと批判的に書いていましたが、ちょっとつまらないと思いました。話が飛びました。私は彼女の記事にふと抱いた自分の嫌悪感に小さくはない引っかかりを感じ始めています。この記事に倫理的にや、理念で反駁しても不毛に終わるのではないかと思います。私には露悪的に見えて上等ではないと思いますが、彼女に今の何かを剥がしたいという願望はあるように思えました。
by miyata (2006-08-24 15:03) 

miyata

練習菌さん、こんにちは。
地下鉄五条から歩いたんですか(◎-◎)
KRPは、地下鉄御池で山陰線に乗り換えて京都駅方面の電車に乗りひとつ京都駅ひとつ手前、山陰口で降りればすぐです。本数は少ないでしょうけど(__;)。
円形脱毛症は、すぐに生えそろわないから11月OITTくらいまでは大丈夫でしょう(^◇^;)
by miyata (2006-08-24 17:04) 

1voryboat

初めまして。Mさんのブログ経由でおじゃましました。
私と同年代で奥様の介護、いかほどかとお察しいたします。
私の母が認知症らしいので、つい気になって読ませていただきました。
母は病院嫌いな頑固者なので認定もできません。
田舎を離れてしまうと、好きな短歌も作らなくなりました。
たぶん記憶が1分ともたないのも一因でしょう。
短歌だけでも復活してくれないかと淡い期待でブログを始めました。
Mさんはその動機に着目してくださったようです。
また、時々お邪魔させていただきたいと思います。
暑さももうすぐ終わりそうです。ご自愛ください。
by 1voryboat (2006-08-24 21:47) 

miyata

1voryboatさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。来ていただいて嬉しいです。私もMさんのところからリンクを辿り読ませていただいています。素養がなく、なかなかコメントを記す勇気がありませんでしたが(;^_^A アセアセ…。
かなりいい加減に書き散らしていますが、また覗いてやってください。
認知症って、嵐が過ぎるとなかなか興味がつきないなと思い始めています。お母さんが短歌を想い出すといいですね。
by miyata (2006-08-25 12:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。