So-net無料ブログ作成

兄のこと 1 [介護と日常]

痩せこけた人が背筋をぴんと伸ばし直立不動で正面を見据えるように合掌している写真に、母は毎日のように線香をあげていた。その横には小さな観音菩薩座像が置かれていた。その人のことはほとんど何も知らない。祖父(母の父)ということ。死の間際の写真だということ。それ以外、母から聞いたことはもうほとんど記憶にない。あるいは何も聞かなかったのかもしれない。母の死後その菩薩像も写真も、ない。

6月29日。寝ようと布団に入ったのは明け方の4時過ぎだった。すぐに眠りに入っていくのがわかった。その時、まるで悪戯でもされているかのように後頭部の髪の毛の中に何かが動いた。虫がいるのかと思い飛び起きて頭を調べたり、枕や布団を見たのだが何もなかった。そして再び電気を消しそのまま熟睡した。

電話が鳴った。8時30分過ぎだった。兄の長男から兄の死を告げられた。明け方のこと、寝入りばなのことを思い浮かべた。
妻の方を見ると電話の様子を目で追っていた。受話器を置いた後兄が死んだことを妻に告げた。妻は大きく眉間にしわを寄せ目を閉じた。

話が前後する。6月3日に妻は胃ろうのペグ交換のために一週間の予定で入院した。
6月10日は退院の日だった。手続きを済まして介護タクシーに乗り込んだ後、急遽兄が入院している病院に行ってくれるように頼んだ。絶好の機会だった。妻とともに病室に行くと一瞬兄は驚いた顔をした。「エール交換に来たよ」というと、動く方の左手を差し出してきたので妻の動かない右手を持ち上げるとその手を軽く兄は握った。妻は目を閉じたままだった。
兄は痩せこけてもはや透き通るようであったが、凛とした表情でベッドにいた。その姿は、写真で見ていた合掌する祖父とそっくりだった。
これが生前の兄と会った最後となった。

30日に生前の兄の意向により家族だけの通夜をやり、翌7月1日にやはり身内だけの葬儀を終えた。
71歳だった。



nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 5

hana2012

miyataさん、こんにちは。
ずいぶん久しぶりの更新、しかし書かれた内容を読み、なんと申し上げたらよいのか。。
お兄様が亡くなられたとの事、お悔やみ申し上げます。
たった一人のご兄弟、その上今の時代、71歳では年齢的にもあまりにも早すぎます。
ご本人も心残りでいらしたかと思いますが、残されたご家族にしても寂しさを実感するのはこれからなのでしょう。
最後に合われた時の姿が、おじい様とそっくりとは。今さらながら・・・家族って本当に不思議なものに思えます。
miyataさんもお気持ちを落とされませんように。
京都の夏は、これからが本番です。どうぞご自愛くださいね。
by hana2012 (2013-07-04 16:54) 

Silvermac

71歳は早いですね。私のクラスメートもほぼ半減しました。病を抱えながら何とかやっています。
by Silvermac (2013-07-04 17:42) 

ほんのり

お兄様のご冥福をお祈りいたします。
最後にお兄様にお会いできて良かったですね。
私もそろそろ父の3回忌の準備を始めようと思っています。
暑い夏、miyata様ご夫妻、身体に気をつけて下さい。
by ほんのり (2013-07-05 05:40) 

yakko

こんばんは。
お兄様のご逝去、こころからお悔やみ申し上げます。
寝入りばなの出来事は虫の知らせだったのでしょうか。奥様の退院の日にお見舞いされ、奥様と握手をなさった由良かったですね。
そろそろ梅雨明けで猛暑到来の予報です。くれぐれも熱中症にお気をつけ下さい。macもあちこち痛いと良いながら頑張っております。
by yakko (2013-07-05 22:16) 

Allora

今日、何とわなしにブログを拝見したら、久しぶりに更新なさっていて。
でも読んでみると、お兄さんが亡くなられたとの事、心よりお悔やみ申し上げます。
入院中のお兄さんを夫妻揃って、お見舞いに行けたのはよかったですね。お兄さんは人間本来の「おみ霊」に帰られたのですから、これからもずっと皆さんとつながった存在でいらっしゃると思います。

暑い日々が続きます、奥様をお大切にそしてご自身もご自愛ください。
by Allora (2013-07-15 20:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。